2018年01月10日

偉くなくとも正しく生きる!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、年があけて、新学期が始まりましたが、

昨年末2学期(高校2年)、娘ちゃんがやらかしてくれました…

通知表で知らされた事実…

遅刻9回!欠席6回!

ええぇぇえええ!!なにこれ?!どういうこと??って感じでしたわ…


確かにね…怪しげな日はありました。

声掛けてもなかなか起きてこない。

でも毎日何度も声掛けて、

「ねぇ、時間大丈夫なの〜?お母さんもう仕事行かなきゃだからね。行くね。大丈夫〜?」

「大丈夫〜、いってらっしゃーい…」

とか、やりとりしてたのに…

…この大丈夫、全然大丈夫じゃなかった!!汗

まじか〜…

なんなん…どーなんこれ、人としてどーなんよ…ショックでした私。


私は遅刻とか時間ギリギリヒヤヒヤするのは嫌なタイプで早目に出発するタイプなのに、

なんで君は平気で遅刻できるん…

遅刻どころか欠席まで…

しかも大丈夫とか嘘までついて!

何度も…涙…


年末コンコンと説教したけども、

年を新たにして提出する通知表にも記録がバッチリ残っていて、

朝っぱらからまたブルーな気分になりました。


娘ちゃんの話を聞くと、

遅刻や欠席の理由はただの怠けなんだよね。

別に学校に問題があるわけでもなく、

ただ起きられなくてなんとなくって感じなのかな。

罪悪感はあまりなくて、なにも考えてない感じ…


あぁ、もう…こんな…なんたるレベルの低さ…

これも私の不徳の致すところ…なのだろう…


高校を卒業したら、製菓の専門学校へ行くと決めていて、

オープンキャンパスに何度も足を運び、先生ともコミュニケーションしてる様子。

部活も頑張ってるし、趣味のギターも最近は上達してきてるし、家でも楽しそうにいろいろ話もするのに…

まさかまさか嘘ついて学校休んだり遅刻したりしてるとはね!もう母ショック!…トホホ…


てなわけで、朝は必ず私と同じ時間におきて、私がパパの朝食用おにぎりとお弁当を作っている間に、

自分と弟の朝食を用意するのを使命としました。

もはや叩き起こす!

弟くんも早起きしてお姉ちゃんのお手伝い。


学校近いからギリギリまで寝かせておいてあげても大丈夫かな。

なんて甘い考えは捨てました。

高校生だしちゃんとやってるよな。

なんて甘い考えも捨て去ります!

君の大丈夫は大丈夫じゃない!w


母親が働いていて家にいないとやっぱりダメとか思われるの嫌じゃん!

とか、そういうのも娘ちゃんは考えたこともなかったとか…


はぁ…もう…たのむわ…ほんとに…

表面だけはしっかりしてきたけど、薄っぺらい人間になってくれるなよ…

と、いろいろ言っても、なかなか娘ちゃんの心には響かないのだよね〜。難しいね…


立派な人にならなくてもいいからさ、

「えらくなくとも正しく生きる!」だよ!

これ、私が小学生の頃に感銘を受けたエンペラー吉田の名言。


あぁ、もう、それ何べんも聞いた。わかってるわかってるって顔されるけどさ、

全然わかってないんだから!

ほんと…たのむわ…


そんな年末年始でしたが、今年もきっといいことがある気がする!

と、根拠もないけどポジティブに生きていけるのが私の強みであり弱点なのかも〜。

まだまだ子ども達には泣かされるのかなぁ…




posted by moko at 08:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月11日

今年出会った不思議な本の話。

私は本が結構好きで、ジャンルを問わず興味がわいた本はなんでも読んでみるタイプなのだけど、

今年とても不思議な感覚で読める本に出会いました。


みかが主人公が私らみたいで面白い本がある。って紹介してくれた本。

「武士道シックスティーン」


みかはオンラインゲームを介して仲良くなった友達です。

思えばこのブログはオンラインゲームの仲間と繋がれる場所があったらいいなぁ、

なんて思って初めたブログでした。

最近はゲームのことをちっとも書かなくなってしまったけど、

まだみてくれてるゲーム仲間もいるのかな?

みんな元気にしてるのかな?

今はどんなゲームしてるんだろw


さて、その武士道シックスティーン。

なるほど、主人公の2人がほんとに私とみかっぽい。

お話の内容は高校生の女の子2人(香織と早苗)を主人公とした剣道物語なんだけど、

なぜか自分たちとリンクする。

なんだか不思議な気持ちになる本でした。

香織のみかっぽさがおかしくて、早苗の私っぽさがまたおかしくて。

香織のセリフや行動をみては、あー、これみかみか、こういうこと言うw

早苗のセリフや行動をみては、あー、これ私もそう、私も同じ感じだw

なんて、クスクス笑いっぱなし。

二人の性格や気持ちの動きが私たちがお互いに感じてきたこととそっくりで、不思議な感覚になる。


こんな本があるんだ。

こういう感覚で読める本には今まで出会ったことなかったな。

うん、不思議。

なんだか懐かしくいろいろなことを思い出して、嬉しかったり、せつなかったり…

ストーリーを楽しみながら、いろんな感情を揺さぶられる本でした。


この本はシリーズ化されていて、武士道セブンティーン、武士道エイティーン、武士道ジェネレーションと、計4冊。

どれも楽しく読めました。

ただの小説なのに、私にとってこの本はなんだか特別な本になりました。

本ってすごいなぁ。

この本に出会えて私はすごく嬉しかったです。


今年は本を50冊読みました。

乱読で次から次へと読むくせに、心に残るものは少なくて、

ポンコツ頭なもんだから、どんどん忘れていってしまうのだけど、

いろんな発見ができたり、再確認できる本はやっぱり面白い。


でもね、ほんとここんところ物忘れがひどいのよねw

本当に大事なことや必要なことは書かなくても覚えていられるっていうけれど、

うちのばーちゃんはアルツハイマーだからさ、

私もいつか忘れたくないことを忘れてしまうような気がしてならないのは考えすぎだろうか。


いろいろな感情や思想が浮かんでくるんだけど、私はアウトプットする力が弱い。

語彙力も乏しいし、なかなか思うことをうまく伝えられない。

だから文章はもちろん、絵や音楽、

いろんな方法で自分の思うことを表現できることに憧れ羨ましく思います。


今年ももうあとわずか。

時が過ぎるのが早いです。

私はどこへ向かってるんだろう?

なにがしたいんだろう?

なにができるんだろう?

なんて思うことが最近多々あります。

たいしたことできないのに考えすぎ考えすぎw


とりとめのない文章になってきたのでこの辺で終わりますw

まだまだ面白い本をいっぱい読んで、

面白いゲームもたくさんやりたいと思います。






posted by moko at 13:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする